葬儀後の葬送方法

無宗教葬儀の増加について

宗旨宗派にこだわらない葬儀

日本は、イスラム教徒やキリスト教徒などの様に普段の生活まで宗教に支配されている人々は非常に少なく、自然の流れで人が亡くなると仏教の何れかの宗派で葬儀を行う人々が多かったのですが、銭ゲバな僧侶や悪徳な業者などのイメージが先行している葬儀業界の現状や少子超高齢化、限界村落の増加など墓を所有にする事に対する考え方が変化しています。その為、子孫の手を煩わすこと無く、大いなる自然サイクルに還る散骨や樹木葬などの宗旨宗派にこだわらない無宗教の葬送方法を希望する人達が増えています。散骨は、同じ自然葬である樹木葬に比べて埋葬地を購入する必要が無いので、初期費用や維持費用の必要無く経済的です。

宗派にこだわらない無宗教の散骨

現代社会では、高利潤のビジネスとなってしまった葬儀業界のあり方や少子高齢化、地方の過疎化により、日本古来の宗教観や死生観に基づく墓や葬式、葬送方法に対する考え方が大きく変化しています。特に都市部では、墓地の取得や墓石の購入などに数百万必要とされ非常に大きな負担になる為、子や孫達の負担を軽減する目的で散骨する方が多くなっています。散骨は、特定の宗旨・宗派にこだわっていない無宗教な為に葬送費用や葬儀費用が非常に安く済み、葬送後の墓地の管理費の支払いや法要費用、維持管理の負担なども無くとても経済的です。

↑PAGE TOP