葬儀の服装のモラル

無宗教葬儀に着ていく服装

無宗教葬儀での服装のマナー

最近需要の増えてきた無宗教形式の葬儀のマナーについてはどのようなものがあるのでしょう。無宗教形式ならどのような服装で参加しても特に問題はないのだろうかと考える人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。このような形式の場合でも先方からとくに特別な指示がない限りは、一般的な葬儀や告別式と同じように喪服での参加が好ましいといえます。古いしきたりに囚われない自由な形式とはいえ、ジーンズやティーシャツといったカジュアルなものや丈の短いスカートなどの露出過多な服装で参加してしまわないよう注意が必要です。

無宗教の葬儀に参列する際の服装

無宗教の葬儀に参列する場合でも、礼服などの故人や遺族に対して失礼がない服装をしなければなりません。もしも、急な事で礼服が用意できなかった場合には、黒やグレーを基調とした物が好ましいですし、女性の場合には、露出が少ない物を選ばなければなりません。これは葬儀の規模に関わらず、同じ事が言えます。どうしても、相応しくない服装で参列する事になった場合には、遺族の方に一言謝罪の言葉をかけておくと良いです。なによりも大切な事は、故人とのお別れなので、それを忘れずにモラルに従い、周囲に不快な思いをさせない行動をしなければなりません。

↑PAGE TOP