無宗教葬儀の後の葬送

無宗教葬儀の納骨方法

無宗教なら葬儀の後をどうするか

葬儀は、送る人の思いを込めて行うものです。そのため、最近では宗派にとらわれない、無宗教葬を選ぶ人も増えています。しかしここで問題になるのが、その後のことです。いったい、お墓をどうすればよいのでしょうか。実は、最近では、お寺に付属する墓地であっても、宗派を問わないことが多くなっています。他にも、誰でも利用できる埋葬施設は増えています。中には、石碑を建てず、代わりに樹木などを植える方式も登場しています。厳かな葬儀を終えた後は、故人がもっとも安らげる方法で、静かな眠りを送れるよう、最適な方法を検討していきましょう。

無宗教の場合のお墓について

無宗教で葬儀を執り行いたい場合、納骨する場所は、宗旨・宗派の指定のない公営霊園や民営霊園で選ぶことになります。お墓の承継や管理が困難だという人は、永代供養墓や納骨堂を選んでもいいでしょう。故人の意向で、海へ散骨したり樹木葬といった自然葬を選ぶ人も増えています。ちなみに、菩提寺があったとしても納骨は難しいと思っておきましょう。お寺というのは宗派に基づいて運営されていますので、お寺に納骨するなら当然その宗派のやり方に従わなければなりません。菩提寺に納骨したいなら無宗教で葬儀を行うことはできませんし、今後もお寺との関わりがあるのなら、菩提寺に納骨した方が無難です。

↑PAGE TOP